ブログ

自分の資産であるマンション

48-04

どの工程を頼むか、どこまでのアドバイスを受けるかによってコンサルタントといっても、役割は変わってきますが、専門知識を工事全般において補い、意思決定がスムーズにできるようサポートしてくれる人、と考えて好調でしょう。そこで、専門的な知識をマンションの管理会社とか、施工業者の意見を聞き、取り入れながらリノベーションを計画だてていくのですが、そこには問題もあります。

ですが、基本的にリノベーション委員会はマンションの住民から組織されるため、業者選定や、実際に工事をするべき場所を決める作業を如何していくか、というところで建築に関する専門知識を持っている方が少なく、つまづく場合が多額といいます。第三者的な視点で工事が必要なところを見極め、マンションの規模リノベーションコンサルティングとは、業者選びとか価格交渉のバックアップを行い、予定どおり、工事が発注内容どおりに進んでいるかをチェックしてくれる仕事です。

それは、言われるままに施工業者や管理会社で工事するコトによって、実際に必要ない工事することになったり、工事を言い値のままするコトでコストダウンがはかれなくなってしまう事、工事の進行を公平な目でチェック出来ないこと・・・などが挙げられます。マンションを購入したあとに、10年~15年に一度、リノベーションは、だれもが経験をするものです。

マンションのリノベーションを行う際に、リノベーションコンサルティングを使うか如何かについてここでは、考えてみましょう。要職を管理組合で務めていたり、リノベーション委員会にそれほど入っていなければ、深く関る事はないかも知れませんが、自分の資産であるマンションの資産価値をキープし、それでも住み心地をよく保つには、住民として協力していく事が大切となります。

マンションの管理組合が発足をさせる中心とリノベーション委員会がなってリノベーションを行うときには、することが多端です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る