ブログ

リノベーションが行われている間に一番困ること

48-05

一番リノベーションが行われてる間に困ることは、洗濯ではないでしょうか。さらに、職人さんがつくった足場をリノベーション工事の期間中は、あっちこっち移動するので、覗かれてしまうのが困る方は、カーテンを常にしめておきましょう。

なんとかちょっとの間ですから、我慢できるとよいですネ。そう考えると、夏に行っていただいたほうがリノベーション工事はよいという事なんでしょうか。

次に、かなり日中の騒音がうるさいので、お年寄りがやはり足をお運びになるご家庭とか、貧弱お子さんのいるお宅は大変かと思います。お母さんもその泣き声で憂鬱になってしまって……という悪循環も考えられます。

リノベーション工事は騒音などを考えると、よくないイメージがあるのですが、マンションの老朽化がそのまま進んでしまってはやはり困りますので、必要な事です。お年寄りのお越しになるお宅では、図書館など静かなところで日中はすごしていただくみたいにすると、工事の音に悩まされずに済むかと思われます。

赤ちゃんがお昼寝をしようなときは、工事期間中は、お昼寝を百貨店などの赤ちゃんの休憩室でさせてあげるなどの工夫が必要かも知れません。赤ちゃんが昼寝をせっかくしてくれても、工事の音で目を覚ましてしまい、赤ちゃんがその後眠れなくなってしまうと、ぐずってしまうこともあると思います。

あまりお勤めに出かけているご主人は気にならないかもしれませんが、リノベーション期間中、洗濯物を昼間洗濯物の担当奥様は、外に干すことが出来ないので、乾燥機を使うか、夜から朝まで干すか、コインランドリーで乾かすか……ということとなります。夜洗濯をして工事がはじまるまで干しておけば、夏場ならば、十分に乾かす事ができますが、そうも冬のリノベーション工事の時はいかないですよネ。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る