ブログ

建築基準法の違反物件

48-06

ベランダの手すりは最低でも1100mm以上がとれてなければならないことと建築基準法によればなってます。基準違反にリフォームによってなりガチな点をいくつか上げていくと、まずベランダの手すりの高さがあります。

新築時には確認申請を行い建築確認を受けなければマンションの建築については、建物の使用をできない事となってますが、確認申請をする必要はないとリフォーム工事においては定められてるので、設計士の責任において住居の単体規定に違反がないか如何かは判断をしていかなくてはなりません。リフォーム物件に十分に慣れている実績の夥しい設計士の方になると、リフォーム時に熟知をおこりガチな違反の部分についてされているかとおもうので修正を都度してもらう事も出来ますが、新築物件ばかりをそれまで担当してきたような設計士の方の中には、違反行為をしらないでしてしまっている事も良くあるので、十分に注意しないとなりません。

リフォームを存外する際に見落としガチになってしまうのが、建築基準法の違反物件に施工をする事でなってしまうことがあるということです。しかしそれと高さを合わせるために居室のフローリング材を交換するなど床の高さが変更をされたときなど、ベランダ部分の床の高さを変更をしたりすると、手すりの高さがそのせいで不足してしまうみたいな事が良くあります。

設計事務所の担当者などとリフォーム前にはくわしくニュー内装に関して話し合いをしていくものですけど、このときともするとそれをしてしまうことにより法律に違反設備にしてしまう事もあるので注意が必要デス。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る